あかつきの実践ブログblog

「自粛期間の過ごし様」中村🍀

カテゴリー:あかつきの実践ブログ

 

自粛期間中に何冊かの本を読み、特に学ぶ事や修行すること、希望を持つことにちょっとだけ心打たれた有名な方の名言がありました。あえて誰のとは表記せずにご紹介します。

🍀人は自分や他人そして様々な物事に対して、+(プラス)のことも-(マイナス)の事も言う。口から言う。『吐』と言う字は「口」と「±(プラスマイナス)」からできている。だけど…苦しい時、または夢や希望がある時にマイナスのことを言わないでみよう。すると、マイナスがなくなって『叶』と言う字が出来る。マイナスの事を口から言わなければ、夢や希望は『叶う』のだ。・・・日本のある社長・・・

🍀苦しい事もあるだろう。言いたいこともあるだろう。不満な事もあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣きたいこともあるだろう。これらをじっとこらえていくのが男の修行である。・・・日本の昔の軍人さん・・・

🍀明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。・・・インドのある偉人・・・

🍀人が踏み行うべき道を実践する者には、困難な苦しい事はつきものであるから、どんな難しい場面に立っても、そのことが上手くいくかどうか、その身が生きるか死ぬかといったことなどどうでもいい事なのだ。物事を成すには、上手下手があり、物によっては良くできる人、あまりできない人もある。そのことに動揺する人もあろうが、天の道を実践するという点では、上手下手もなく、出来ないという人もないものなのだ。だから、ひたすら道を行い、道を楽しみ、もし困難に遭い、それを乗り切ろうと思うならば、益々その道を実践し楽しむという心を持つがいい。・・・日本の開国時に貢献した方・・・

 

他にも、勇気づけられる言葉や、感動の名言、面白い考え方など沢山知る機会となった自粛期間の過ごし様。人の事を想ったり、自分に厳しくあったりと、様々な方がたくさんの名言を残されていました。断捨離をして物の整理をガチャガチャとやりつつ、一方で、静かに心を整理整頓できる時間も作っている中、読書が習慣になりつつあり、今は、映画公開を楽しみにしていた山田孝之さん主演の”ステップ”が公開延期になったので、原作本を先に読み始めています。

 

あかつき・施設長・中村 猛🍀