白川の里の実践ブログblog

私の母③

カテゴリー:白川の里の実践ブログ

 6月から母と一緒に同居をすることになりました。

自宅では怒り狂い同居していた兄に箸を投げつけ、同居が難しくなり私と住むことになりました。新しいデイサービスも見つけ一緒に頑張ろうと思っていましたが、今心が折れそうになることがあります。それは排泄の失敗です。トイレに座れずトイレの床にしてしまう。怒ってはいけないと思いながらも、夜中の失敗になると責めるようなことを言ってしまう。私は介護のプロなのに・・・と反省。

これではいけないと床にペットシートを敷いてみると、うまい具合にその上で排尿をしてくれている。床は汚れないしこれで良しとしようと思いました。しかし、失敗して落ち込んでいる母の様子をみるとこれって本当にいいのかな?便器ではなくペットシートで排泄する事で母の尊厳はまもられているのかな?と考えさせられました。どんなに家族であっても認知症があってもその家族の尊厳は守らなければならないのではないかと思いました。

母の排泄しやすい環境作りを私が考え出さなければ!と思い、現在住宅改修待ちです。母の過ごしやすい環境を作る為、頑張っていきたいです。

 余談ですが・・・私が母の排泄の失敗でため息をついているときに3年生の娘から一言

 

「お母さん。ため息よりスマイルだよ」

 

どんな時もスマイルで頑張っていこうと心に決めました。

 

通所介護事業所 木下 朋子