白川の里の実践ブログblog

「最近あった出来事」

カテゴリー:白川の里の実践ブログ

先日コンビニに寄った際に、店員さんより「白川の里さんですよね?」と声を掛けられ驚きました。

その店員さんは短期入所をご利用されているご家族様(嫁様)でした。その方(お義父様)は、毎月1泊2日のご利用でしたが、新型コロナウイルス感染症予防の為、今月は利用を中止されていました。

「久しぶりですね。お義父様はお変わりないですか?」と伺うと「先日、警察にお世話になったんです。夜中に出て行った事に気づかなかったので仕方ないです。」と応えて下さいました。

短期入所ご利用時には「家に帰らないかん・・。」と帰宅要求が多々あり、その都度対応していた状況です。毎回自宅にお送りした際、お礼の言葉は「義父の事を考えずゆっくり休む事が出来良かったです。白川の里さんに預けることができるから、まだ自宅で義父を介護することができます。本当に有難いです。」と感謝されます。

短期入所生活介護はご家族様のレスパイト目的でもあります。介護者が精神的にも身体的にも元気ではないと在宅生活の継続、維持が出来ません。少しでもお役に立つよう、今後も取り組んで参ります。そして、迎えやお送りした際には、ご家族に寄り添いながら、積極的にコミュニケーションを図っていきたいと思います。

                              短期入所担当:鶴田 真水