若草学園の実践ブログblog

ワンストップサービスについて

カテゴリー:若草学園の実践ブログ

11月の中旬連休を頂き15年ぶりの同窓会に参加してきました。当時の養成所の寮生活は2年間とはいえあまりにも過酷で、まして、15歳~17歳とまだ世間に疎い年齢でしたから驚きの連続でした。そんな2年間でしたから団結力は強く、多くを語らなくとも当時の事がよみがえり、80歳になる教務も参加され穏やかな時間を過ごしました。

先日園でも卒園生の集いが行われ、関わった先生方が園長を始め休日の中参加され充実した時間が流れていた様です。人は多くを語らなくても思いが伝わる人間関係と、きちんと意思を表さないと伝わらない関係があります。

当園の全体目標である「ワンストップサービス」も私は医療の現場が長く、聞き慣れない言葉だったので意味を調べたところ、簡単にいえば一か所で多くのサービスがまとめて受けられる事と記してありました。通所・入所の建物が同敷地にある事で、今まで分散していたサービスが一か所で受けれる、利用者にとって素晴らしいことだと思いました。私は理解がまだ十分ではない為、短期や日中さんなどの情報も少なくうまく関われてないのが現状ですが、これからは、通所のスタッフさんともコミュニケーションを取り、まずはスタッフ間の意思疎通をしっかりとりながら、園の目標であるサービス体制の一貫を担っていけたらと思っています。

                       

                入所部 看護師 米村郁子