若草学園の実践ブログblog

日々成長

カテゴリー:若草学園の実践ブログ

おひさま猫のあずきとおもちは世の中の「新型コロナ」もどこ吹く風でいつも通りゆったりと自由に変りなく過ごしています。

慌ただしさを感じる時も2匹に触れあっていると段々落ち着いてきます。

モフモフの体を撫でたり抱っこするだけでほっとして体の力が抜ける感触の心地よさを感じるのは私だけでは無い様で…。

仕事が一段落する時間や会議の後は誰かしら2匹にかまってもらって(?)リセットしています。「動物って最強だな~」と思います。

でも、当然のことながら動物が苦手な人もいます。同じようにはいかないのは当たり前。それはお互い思いやりを持って分かり合う事が大切だと思っています。それぞれが好きな物、リラックスできることで気分をリセット出来ればと思います。

 

 さて、6月に入り通常の生活に戻ってきました。おひさまも子ども達のにぎやかな声が響いて元気いっぱいです。

月に1回の土曜療育(小学4年生以上)も20名ほどの子どもたちが参加してにぎやかでした。月に1回しか会わないので「あれ?身長伸びた?」「こんなにお話を聞くのが上手だった?」「なんだか大人になったね~?」「会話のやりとりがこんなにスムーズだったっけ?」と成長を感じてびっくりする事が良くあります。

先日の土曜療育で一緒のグループになったA君は、3年生の療育キャンプでの衝動的な行動が多かった印象が強く、集団行動をするのが辛い様に感じていたのですが、今回は時間に合わせて行動の切り替えをすることやスタッフの指示も集中して聞いて行動する事やお友達との話し合いでは意見を言ったり、友達の意見を待つ事が出来ていました。また、スタッフへも自分から話かけてくれる姿に心の余裕と成長を感じました。

「子どもは成長するんだな~。子どもは立ち止まってはいないな~。」と感心してしまいます。以前聞いた講演では「大人も成長し続けています。何歳になっても発達できるんですよ。」と教えて頂いた。大人も子どもも程よくリラックスをして心と体のリセットしながら成長を重ねていければと思います。

          放課後等デイサービス おひさまぷらす 吉田広子