白川の里の実践ブログblog

感謝と努力

カテゴリー:白川の里の実践ブログ

感謝と努力

 私が白川の里に入職し、もうすぐ満1年を迎えます。入職し、7~8か月か経った頃、

毎日色々な出来事がある中で、目の前のやらないといけない事で精一杯になっている

自分に気づき、自分は何かご利用者の為に出来たことはあるのか、入職当初に比べて成長で

きているのか分からなくなっていました。そんな時、通所介護事業所のご利用者と接する

機会があり、一人のご利用者の方にいつも通りの機能訓練を行った際、私が

「終わりました。ありがとうございました」と挨拶をすると、ご利用者から

「こちらこそありがとう。体が軽くなって動きやすくなった気がするよ」

と声をかけてくださいました。その時、自分にもできることがあるのかなと思いかえ

し、嬉しい気持ちと、少しだけ自分の中の心のモヤモヤしていた感触が吹っ切れ、

少しだけ自信が持てた気がしました。

 また、同時に声をかけてくださったご利用者に対して感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 自分に自信を持つことは難しく簡単なことではないし、直ぐにできることでもありませんが

自信を持つために成長する努力はできます。

 今回の出来事を忘れずに、成長する努力を継続し、常に白川の里の方針の一つである

自己研鑽を念頭に置き、専門職として業務に臨んでいきたいと思います。

                         理学療法士  松尾 優一