2021年back number

西館2丁目敬老会

2021/09/28

 

9月15日に敬老会を開催しました。

 

 ご入居者の長寿のお祝いと日頃の感謝の気持ちを込め、

喜んで頂ける、楽しんで頂ける1日になるようにと職員で意見を出し合い、準備してきました。

 

準備不足の所もありましたが、当日は祝の食事や催し物を楽しんで頂き、

「大変だったですね。楽しかったよ。祝ってもらってうれしかった。」と労いの言葉を頂き嬉しくなりました。

 

 私たちは、ご入居者の喜ぶ顔が見たくて、日々ケアに努めています。

新型コロナ感染症により、外出や面会に制限があり、ご入居者・ご家族に我慢して頂くことも多くありますが、

私たちに出来ることは何かをみんなで考えて実現していきたいと思います。

 

 最後になりましたが、この写真の鶴は職員で

ご入居者とそのご家族の健康と安心した生活が送れるようにと一羽一羽願いを込めて織りました。

1日でも早く新型コロナ感染症が収束し自由に生活できることを願っています。

 

 これからも安心・安全を心掛け、これからもチームで力を合わせてケアを行っていきます。今後共宜しくお願いします。

 

西館2丁目 下山

 

 

 

 

「自分でできるよー!」1歳児ももぐみアンパンマンチーム

2021/09/28

「自分でできるよー!」

1歳児ももぐみアンパンマンチーム

最近は、”なんでも自分でやってみたい!”の気持ちが旺盛になってきたお友だち!1歳児は模倣が楽しい時期でもあるので、大人がしていることは、なんでも同じようにやってみたいようです。

そんなみんなのやる気を大切にしながら、簡単な身の回りのことに取り組んでいます☆その中の一つとして、まずは手拭きタオル掛け!タオルのループは細いので、指先を使った細かい動作になります。しかし、毎日のように掛け方を伝えながら一緒に行っていくうちに、少しずつタオルの掛け方を覚え今ではスムーズにタオルの掛け外しを出来るようになってきましたよ(^^)毎日繰り返し行うことで、しっかりと身についてきました!

 

 

「タオル掛け上手にできるよー!」

 

また、いつもはおやつ後に私達が下げていたお皿やコップを、最近は自分で片付けようとする姿が増えてきました!おやつを食べ終わり、1人がお皿の片付けを始めると、それを見た周りのお友だちも一緒にお片付け♪陶器のお皿も優しくお盆の上にのせています(*^^*)そーっと置くことも、力加減を調節出来るようになった証拠ですね!!色々な場面でみんなの成長が感じられます♡

 

「ごちそうさまでした!」

 

そして最後、こちらは可愛いエピソード♡

戸外へ出る時に、まだ自力では靴を履けないお友だちが多いももぐみさん。ですので、私達が手伝いながら靴を履いていますが、この日私の隣では小さい先生達がお友だちの靴を履かせてくれていましたよ(*^^*)

なんでも大人がしているようにやってみたいんだろうな〜とほっこりしました♪

 

「よいしょ!入ったかな?」

 

これからも、みんなの意欲を大切にしながら簡単な身の回りのことにチャレンジしていきたいと思います!

 

窪田りよこ

椿の実《南小クラブ》

2021/09/28

学童施設の花壇がある場所に椿の木があるのですが、毎年この時期になると、椿の実が熟し 実の口が開き、焦茶色をした実が地面に落ちています。そんな椿の実に興味を持った3年生H君とO君。地面を見ながら一つ一つ拾っています。

沢山見つかるかな?

黙々と探し続ける2人。見つかる度に「あった、あったー」と言いながら、何だか楽しそうに収集していました。

沢山取れたよ!

取れた実を見せにきたH君が「先生、この実は油が出るんでしょう?」と言います。どうやらお母さんから話を聞いていたようでした。そこで私がこんな話をしてみる事に。それは私が小学生の頃、祖母がこの実を使って椿油を作っていた事。自分で作った椿油を頭皮につけてマッサージしていた事など‥よく祖母から、これを頭につけると髪の毛が潤って髪がツヤツヤになるんだよ!髪の毛も抜けにくくなるし、頭皮をマッサージする事で血の流れも良くなり、健康な地肌になるという事も言われてたんだ。だからおばあちゃんの言う事を信じ、先生も髪につけてマッサージしてもらっていたという話をしました。H君は興味津々で私の話を聞きながら「こんなに小さい実から油が出て髪の毛につけられるなんて、スゴイ実なんだね!だから先生の髪はいつもピカピカなんだ!」と言います。H君にとって魔法の実のように感じたのかもしれません。そんな話をしている所で、ちょうどお母さんが迎えに来られたので、こんな話をしてましたよ!と今日のH君の様子や私の体験話を伝えました。すると、お母さんも興味を持たれ椿油の作り方も尋ねられる程、話は盛り上がりました。作り方に関してはちょっと勉強不足だった為、ハッキリと答える事が出来ませんでしたがH君が自分で調べてみると言ったので、また後日聞いてみたいと思います。さてそんなスゴイ力を持った魔法の実はどうしたかというと‥ビニール袋に入れられ大事そうに持って帰っていました。H君にとって宝物となったみたいですね!  高木佐代美

 

上手に塗れるよ!(3歳児 つきぐみ)

2021/09/28

つきぐみで最近人気な室内遊びは、ぬり絵やお絵描きです。

「何して遊びたい?」と聞いてみると、「ぬり絵したい!!♪」「プリキュアがいいな!」「アナ雪はいいな!」と、とても楽しみにしているようです。

朝、寂しくて泣いていても、「ぬり絵をする」と、気持ちを切り替える子どももいます。

そんなぬり絵やお絵描きを通して、子どもたちに伝えていることは、【線からはみ出さないようにぬろう】【色鉛筆を正しく持とう】です。

ただ塗るのではなく、「はみださない」という目標があることによって、意識的に気を付けながら、丁寧に塗る姿が見られます!その集中力は驚くほどです★

この集中力は、好きな遊びを見つけ、継続できる力がついてきた今だからできることであり、子どもの成長を感じられます。

そして、塗り終えると、「みて!きれいに塗れるんだよ!!」と自信のある表情の子ども達です♪

 

そして、色鉛筆の持ち方は、ゆきぐみのときから継続しているスプーン・フォークの持ち方で、伝えています。

今から、大きくなっていく中で文字を書いたりすることも増えてくると思います。

そのために、色鉛筆の持ち方は今の時期がとても重要です。

また、フォークから箸の移行の際にも持ち方は共通しています。

今の大事な時期に、正しい持ち方で楽しめるといいなと思っています(*^-^*)

家でも、「バキューン!」(☚の手です。フォークや箸、色鉛筆など正しく持つことができます)と言ってみてください( *´艸`)

かわいらしく「バキューン、バンバン」と言いながらしています♡

無理のないように少しずつ進めていきたいと思います。

 

栗原 茉実

「私事でもありますが...」中村🍀

2021/09/28

何が原因かがわからないのですが、9/10(金)宿直明けでの帰宅中、急に左目の視界の中に黒い糸くずのようなものが見え始めました。一般には”飛蚊症”の症状で、少しずつ糸くずに見えていた影が、水の上に絵の具を垂らしたような影となり、決して虫が飛んでいるような状態ではありませんでした。そこで9/18(土)たまたま娘がコンタクトの調整に眼科に行くからと付添ってくれ、京町にある眼科に行くことになりました。

目薬によって瞳孔が開くように処置され診察を受けましたら、飛蚊症の原因は”網膜剥離”と判明。飛蚊症は老化に伴うものも多いため、だろうなと思いつつ、網膜剥離の可能性も原因の一つであると情報にはあったので、まさか私がそれ?!と言ったところでした。まだ初期の段階でしたので大掛かりな手術は必要ありませんでしたが、進行しないようにとレーザー治療をその場で受けることになりました。「1回30000円ほどかかりますが受けられますか?」「レーザーは25発ほど打ちますが、5回に1回程度ドッーン!という痛みがあります。中村さんは痛みに強い方ですか?」「お連れの方は奥様ですか?帰りは運転しない方がよろしいかと...」など言われ、「連れは娘ですが私の車は運転させられませんので、運転は大丈夫です」「持ち合わせはないですが、できるだけ早い方がいいのでレーザー打ってください」「痛いのは構いませんが、ドッーン!て曖昧過ぎてわかりません」などとクエスチョンとアンサー。

目薬による麻酔をかけられ少し麻痺させられましたが、私は麻酔が効かない特異体質なので、多分痛みは少々我慢することになるんだろうなと覚悟しつつ、いざレーザー!!!。ドッーン!という痛みの表現ではなく、頭の中に”ズッキーン!!!”と響き、5回に1回で身構えていたら、3回に1回や連続してそのズッキーン!!!がやってくるんです。正直、話と違うやんと思いつつ、奥歯噛みしめていました。ため息が出るくらいの時間が過ぎ、支払いをしようとしたらカード決済ができないとのこと。次の診察時に支払うことになり、左目がボヤっとしたまま娘と帰宅。レーザーを打ったから仕方ないかもしれませんが、見えている黒い影は若干増えていました。

1週間後、半休を取って再診しましたら、剥がれかかっていた箇所はレーザーによりふさがっているとのこと。今見えている黒い影(血液)は、消えることはないだろうとのこと。それによって視界が悪いだろうから、必要ならメガネの交換を検討されては?…など言われ、1ケ月後に経過を見せてくれとのことでした。とりあえず早く治療できたことや、違和感しかないですが視力が奪われなくて済んだことは良しとするしかない状態です。

今このブログを打ち込むのに、事務仕事用の中近両用メガネを使用していますが、PC画面が見えにくくなっています。個人的には体の故障が多い人間なので、日常的に色々気を付けてはいますが、なってしまっても元に戻ったり、完全ではなくても、とりあえず治ることが基本でしたので、元に戻らなかった不安やストレスは公私に影響しそうです。

目は大事です! 皆様も、ある日突然視界に飛蚊症のような症状が出たら、早めに受診されてください。万が一進行してしまった網膜剥離であれば視力がなくなる可能性は高く、手術をしても、その後の生活に支障をきたす恐れがあります。(運転や運動などができなくなります)

目に限らず何でもそうですが、おかしいな⁉と思ったら早めに対応を❕ どうしようかなぁと迷っている間にマズいことになるかもです。

あかつき・施設長・中村 猛🍀

悩んでます。不安です。

2021/09/28

季節も少しづつ秋めいてきましたね。

日々、新型コロナ感染予防をしながら子ども達は、登校し頑張っています。

 

高等部3年生は、進路決定の為の実習が始まりそれぞれの未来に向かって羽ばたこうと希望・不安を抱えています。

夜勤のみんなが寝静まった時間にひょっこりと来て何気ない話しをしていると、

日頃はみんなをリードしている子が胸の内を語り出します。(おばちゃん職員が話しやすいようです)

自分には夢がある。最終的には家族と暮らしたい。その為に、仕事を頑張ってYさん(私)の給料をすぐに追い越し(どれくらいと思っているのか分かりません?)まずは、皆で旅行に行ったり食事に行ったりして楽しむんだ!

と意気揚々と話してくれます。

小学生の頃までは、多動で気に入らないと習字の墨汁を職員に投げたりしていたやんちゃな子が頼もしい限りです。

 

しかし、その前に乗り越えなければならない試練がありました。入所期間が長かった彼にとって、卒業という言葉が近づくにつれ「寂しい」「不安」がいつも頭に残り涙さえ出てきて「俺、おかしいよね」と涙ぐんでいました。

私もぐっとこみ上げて来るのを我慢し、「大丈夫よ、皆一緒、大人になった人たちは同じ思いを乗り越えて来たんだよ。焦らずゆっくり自分が出来る事から一つずつクリアしていけば、次が見えてくるよ。」

「1人じゃないから、若草のみんなが支えてくれるからね。」と励ましたところです。

 

後、半年で巣立って行く子ども達、早く新しい仲間が出来、それぞれの地で生き生きと生活出来るよう残り少ない時間ですが、何気ない会話の中で人として大事な事・困難を解決する方法等一つでも多く伝えて送り出せたらと思います。

                       入所部 山下

インドネシアからようこそ!!

2021/09/27

 

 

インドネシア出身のDewi先生(女性)が、9月から若草拠点で勤務されることになりました。

APU(立命館アジア太平洋大学)の言語センターで、多国籍の学生さん達にインドネシア語を教えていらっしゃった文学博士です。博士課程では、アイデンティティの研究をされていたことから、子ども達の発達はもちろん、子ども達の療育・支援に関わる20代、30代、40代の先生たちのアイデンティティにも興味深く関わっておられることが分かります。

 

 現在、児童発達支援センターおひさまの現場に入って、子ども達と一緒に汗を流しながら療育を行い、毎日先生達との振り返りを行われています。また、相談支援センターいちばん星では、ペアレント・プログラム(家族支援)に参加し、そのプログラム後のカンファレンスでディスカッションを行い、日本人の当たり前に疑問を呈して頂き、改めて“言葉の意味”を深く考えるいい機会を与えてくださっています。

 

ペアレント・プログラム終了後、カンファレンスでの1コマをご紹介します。

 

「日本人は、なぜ(お父さんやお母さんのことを、子どもに対して)“スキ?”と聞くのですか?」

「・・・???」

「なんでもそうだけど、“好き”でなかったら、次は“嫌い”が出てきますよ」

(好きか嫌いか=0か100)

 「もっと大切な言葉(表現する言葉)はないのですか?」

 

短いやり取りの中、とても深い言葉だと感じました。

つい、私たちは、子ども達に対して、「お父さん(お母さん)好き?嫌い?」とか、「○○は好き?」「○○は出来る?できない?」など、割と簡単に使っていると感じます。

語彙数も、まだまだ未発達段階にいる子ども達に対して、「好きか」「嫌いか」など、二択で応えさせるのではなく、その場の状況や感じ方を表現できるように伝えていくことが大人側には求められているのでしょう。

 

「言葉」は、人間にしかない高次脳のものです。端的な言葉だけでは表現できない感情があるからこそ、豊かな感性が育っていくのだと感じます。

 

相談支援の立場においても、「その言葉」がどの視点から発せられているのかを感じ取ることが求められます。「相手の立場に立つ」ことは、「自分自身の物差しで考えない」こと。

福祉の仕事は、年齢に関係なく、学び続けることが求められることを感じてなりません。

 

 Dewi先生とのご縁は、若草拠点全体にも、私自身にも、豊かな彩りと大きな広がりをもたらしてくれています。これからが、もっともっと楽しみです。

             相談支援センターいちばん星

                    伊豆野

「次こそ勝ちたい!」4歳児ひまわり組ぞうgr 藤本

2021/09/27

「次こそ勝ちたい!」4歳児ひまわり組ぞうgr 藤本

前回は、パネル返しゲームをした時のエピソードを紹介しました!今回は、男女対抗ボール運びリレーのエピソードをご紹介します!

ボール運びリレーは、新聞紙にボールを乗せて二人組で運んでいくリレーです。
前回のリベンジに燃える男の子チーム、そして、今回も絶対優勝する気満々の強気な女の子チームに分かれて行いました!

ゲーム開始かと思いきや「また負けるかもしれないからな、、、」と言い出したAくん。「うん。だって負けるけんやりたくない!」とAくんの言葉を聞いて共感するBくん。
「でも、今日は勝てるかも!」とゲームに前向きなCくんは、AくんBくんに声をかけています。そんな男の子たちの話を聞いたDちゃん「やってみないと、負けるか分からないよ!」「うんうん!そうだよ!やらないと分かんないよ〜!」と周りの女の子たちも、男の子たちを説得しはじめたのです。
すると、最初は負けるかもしれないからやりたくないと言っていた男の子たちが、「うーん。わかった。やってみる」と新聞紙とボールを手に持ち、列に並び始めたのです!

男の子たちのやる気も復活し、いよいよゲーム開始です!
スタートの合図で、勢いよく走り出し、力を合わせながらボールを落とさないように、上手に運ぶ女の子チームです!反対に男の子チームは、ボールを落とさないように慎重にスタートしています!

すぐに女の子チームが折り返し地点に着き、それを観て「うわー!もう!ほら!!負けるじゃん!!!」と大激怒のBくん!!


それも気にせず女の子チームは、バトンタッチしていき、あっという間に最後のペアの番になり、ボールを落としながらもすぐに拾い上げ、ゴールです!
最後の番だったBくんたちペアも焦りすぎて「あー!もうなんで!なんで遅いの!」とボールを落としそうになりなりながらも、力を合わせてようやくゴールしました!(笑)

今回も第一回戦は女の子チームの勝利となり、大喜びの女の子チームです!
第二回戦の前に、悔しがる男の子チームみんなでどうしたら勝てるのか作戦会議をすると「ボールが落ちないように持つ!」「新聞紙を閉じる!」「こうやって持ったらいい!」と次々にアイデアがでてきました!!男の子チームの作戦の様子をのぞきにきた女の子チームも「男の子たちずるい!!」と言いながら、みんなで丸くなって作戦会議をはじめています(笑)

こうして、はじまった第二回戦!
女の子たちは、すでにコツを掴んだようで、スムーズに走り出しました!でも2回目は男の子チームも負けていません!!途中で追い越されそうになりながらも、同じペースで、ボールが渡されていきます!
そして最後のペアです!途中でボールを落としながらも「がんばれー!」と友だちを応援しながら、両チームともゴールしました!!

結果は、、、男の子チームの勝利です!!リベンジができジャンプして喜ぶ男の子チームでした(笑)負けた女の子チームでしたが、負け続けていた男の子チームが勝ち喜んでいるのを暖かく見守っている姿から、相手のことを想い、一緒にゲームを楽しみたいという仲間意識が見られ成長を感じました。

これからも、子どもたちと本気になって遊び込んで、いろんな感情を経験して成長していきたいなと思いました♪

誕生会♪

2021/09/27

 

今日はお誕生会を行いました。

始めに卵の赤ちゃんの絵本をみんなで見ていると、、、

あれれ?いろんな卵がでてきました!!

子どもたちは保育士と一緒に「まあるいたまご」の

歌を歌って出てくる動物の赤ちゃんをみて楽しみました。

お次は白い紙がケーキに変身!!

子どもたちは不思議そうに目を輝かせて見つめていました♪

 

 

お誕生日のお友達にインタビューをしました!

好きな色は緑色!好きな食べ物はりんご!好きな動物はキリン!

と上手に答えてくれました☆

 

 

みんなでお祝いする楽しさやお祝いしてもらって嬉しい気持ちを

大切にしながら成長への喜び感じられるよう寄り添っていきたいと思います。

 

おいしい給食も食べてみんなご機嫌です♪

 

池畑 佳鈴

よーい、ドン! (2歳児 うさぎ組)

2021/09/27

9月も残り数日となりました。

日中はまだまだ暑い日がありますが、

朝夕は少しずつ秋めいてきて、過ごしやすくなってきましたね。

今年の夏を思い出してみると、雨の日が多くて、

大好きなプールができない日がありました。

そんな9月のある雨の日のことです。

走り回ったり、体を動かすことが大好きな子ども達。

体を動かしたくてウズウズしています。

そこでみんなでテラスでかけっこをして楽しむことにしました。

「位置について」「よーい」「ドン!」の先生の

掛け声に、子ども達は笑顔いっぱいで走り出します。

子ども達は、走る速さや走り方はそれぞれですが、私が思っていたよりも足が速くて驚きました。

たくさん走って体を動かし、いっぱい汗をかいて楽しんで走っている子ども達。

私は思わず「○○君がんばれ!」「〇〇ちゃんがんばれ!」と大きな声で応援しました。

走り終えた子ども達は、「疲れた〜」や「もう1回走りたい!」と先生にねだる子もいました。

走ること以外でも、音楽に合わせてダンスしたり、マット遊びなどで体を動かしたりして、

プールができない日は、色々なことをして

体をいっぱい動かして楽しみました。

これから涼しくなり、過ごしやすい季節となります。

子ども達とたくさん遊び体いっぱい動かして

楽しい思い出をいっぱい作りたいと思います。

 

落合

 

「こっちだよ~!」2歳児 ちゅうりっぷぐみ

2021/09/27

 

「こっちだよ〜!」

2歳児 ちゅうりっぷぐみ

 

最近は朝夕涼しく、過ごしやすい季節になりましたね!天気の良い日も多く、毎日戸外遊びを楽しんでいるちゅうりっぷさん!最近は遊びの幅も広がってきたので、お友だちと同じ遊びを共有できるようにみんなで鬼ごっこやかくれんぼ遊びを楽しんでいます♪先日は芝生広場で鬼ごっこをしました!「先生が鬼して〜!」とのリクエストで担任が鬼をすることに。「みんな逃げてね〜!」と10数えている間にとあちこちに逃げ出す子どもたち!担任が「まてまて〜!」と追いかけると、子どもたちも「キャー!」とニコニコで逃げ回ります(^ ^)

 

 

「捕まらないぞ〜!」

 

担任がAくんを追いかけていると、近くにいたBちゃんが、「こっちだよ〜」と捕まえてアピール⭐️(^O^) すると周りにいたお友だちも「こっちだよ〜!」と次々にアピールが始まり、担任もヘトヘトでした(笑)その後はかくれんぼも楽しみました♪担任が鬼役となり、「もういいかーい?」と聞くと、「もういいよ〜!」と大きな返事(^ ^)

探し始めると、笑ってしまうくらいバレバレなところに隠れている子どもたちがとっても可愛いですよ♡

 

「見つかっちゃった!」

 

担任がわざと、「あれ〜、どこだろ〜?」と他の場所を探していると、待ちきれずに出てきちゃう子どもたち(≧∀≦)また、「こっちだよ〜!」と隠れ場所を教えてしまう子どもたちもいて面白いです(笑)この日も担任に見つけてもらうのが楽しかったようで、担「みーつけた!」子「キャー!!」を繰り返し楽しみました♪

 

「キャー!」

 

お友だちと「こっちだよ〜!」と言い合う姿を見て、ルールを理解して遊ぶのはまだ難しくても、お友だちと同じ遊びを楽しんでいるな〜と感じることができました♪ついついルールがあると、それ通りにやってしまいそうですが、今の子どもたちの興味や、楽しい!の気持ちに寄り添いながら引き続き同じ遊びを共有する楽しさを味わっていけたらと思います!

後藤仁美

遊びを通して(4歳児 にじ組)

2021/09/27

 雨が続いたり、夕方は気温が高かったりすることがあるので、室内で遊ぶことが増えてきました。その中でも子どもたちに人気の遊びを紹介します。

 一つ目は、小さいレゴブロックです。このブロックは普段見ないような珍しい形があるので子ども達も毎日違う形を使い、想像力を膨らませ楽しんでいます。家を作ったり、ロボットを作ったりと友達と話しながら協力して一緒に作る楽しさを味わっています。

「〇〇くんは作るの上手なんだよ!」と友達の良いところを嬉しそうに話してくれます。また、ある子はこのブロックで遊びたいから保育園に来ることを楽しみにしてくれています。

   

 二つ目は、ぬり絵です。細かい部分まで塗ることがとても上手くなり、素敵な絵がたくさんできています。このぬり絵を通して、好きなゲームの話や、ポケモンの話を熱く語ってくれる子もいます。話についていくことが時々できないこともありますが、本当に好きなのだなと感じました。また、色を塗るだけでなく、窓に紙を当てて絵をなぞるという楽しみ方をしている子もいます。 

 三つ目は、魚の図鑑です。子ども達も見れるように置いておくと、興味のある子はすぐに手に取り友達と会話しながら読んでいます。私が知らない魚を知っており、

「良く知ってるなぁ」と感心しています。また、読むだけでなく白い紙に魚の写真を見ながら、絵を描く子もいました。

 活動をみんなで遊ぶことも大切ですが、今回のように自由遊びの時間も大切だと思います。子ども達の好きな物をは発見できたりと、自由な時間だからこそ友達との関わり方を丁寧に知っていけるようにしたしたいです。

福田 大樹

 

「教え合い」(しらかわっこクラブ)

2021/09/27

「教え合い」(しらかわっこクラブ)

役場より出された20日までの自粛要請に皆様ご協力をいただき誠にありがとうございました。
まだまだ先は分からない世の中ですが、白川学童ではコロナ対策について子ども達と話し合いを行いました。
まず、何故子ども達と話し合いを行ったのかそれは、マスクをしなければならない理由を今一度子ども達に伝えて学童全体で認識する事が必要では無いかと指導員で考えました。

話し合いは体育館を使い、下級生と上級生で分かれての少人数で行いました。しかし流石は小学生、上級生はもちろん1年生も何故マスクしなくてはいけないのかちゃんと分かっています。

「コロナがうつるから!」
「唾が飛んで、それを吸い込んでしまうから」
「学校でも給食の時は喋らないよ!」
「コロナが出たら学童とか保育園が休みになっちゃう」
「俺コロナになりたくない」
みんなが意見を出し合う中

「でも本当は暑いけんしたくない」

と正直な意見も、子ども達もうなづいています。でもその子達だってしっかりとマスクをつけています。子ども達も我慢しながら頑張っているんです。

学童でする事として、

・室内ではマスクをつける
・おやつを食べる時は静かに
・帰ってきたらまず手洗い消毒
・外ではマスクを外して良いけどくっつきすぎない

を子ども達と再確認し、私から1つ子ども達に伝えました。
「皆色々な意見出してくれてありがとう!でももしかしたら忘れちゃう人も居るかもしれん。そしたら先生や友達同士で教え合おう。そしたら、あぁそう言えば話し合いしたなぁって思い出して」

今、指導員で声を掛け合って気をつけている事の1つで、怒ったり注意をするのでは無く皆で教えあっていける暖かい学童を目指しています。なので子ども達にも教えあって行く事を伝えました。これからも感染症対策子ども達と共に頑張っていきます!

「消毒消毒!」
「おぉ忘れとった!」

学童 上田 ゆうた

お弁当❗0歳児 ひよこ組

2021/09/24

先日、愛情お弁当の日でした。

その節は、お弁当を作って頂きお世話になりました🎵

月に一回のお弁当❗子どもたちも、ママや、パパが作ってくれたお弁当を棚の上に置いていると…

見ては指を差しては(おべんとうだよ!!!)と教えてくれます😆

ご挨拶のお歌を待ちきれず何度もお弁当に手がのびていました😋

お弁当を食べる際、子どもたちは嬉しそうに上手に手づかみで食べたり、スプーンを持って口に運ぼうと頑張って食べていました。デザートに果物が入っているとニコニコで「早く食べたい!」とテーブルを叩いたりとパクパク食べて喜んでいる様子でした😃

中にはもっと食べたいとお友だちのお弁当に手がのびてしまう子も…(笑)

写真

 

ママや、パパが作ってくれたお弁当は美味しかったようで、みんな完食していた子どもたちでした🎶

写真

朝早くからのお弁当作りは大変かと思いますが

お子さまのために愛情のこもったお弁当をありがとうございます!!

                     高濱

「チャレンジタイム~♪」5歳児 さくら組くまグループ 首藤

2021/09/24

「チャレンジタイム〜♫」
5歳児 さくら組くまグループ 首藤

今週始めより、ようやく家庭保育ご協力期間が明け、久しぶりに賑やかさを取り戻したくまグループさん♫
夏休み明けより、2ヶ月ぶりに登園してきたお友だちもいて、久しぶりの再開をとても喜んでいたお友だちでした♡

そんな久しぶりの登園日、みんながやりたいことをしよう!と思い、何がしたいかをチームごとに話し合いました!
全体の中では、なかなか意見が言えないお友だちも、気心知れてる仲間同士であれば、いろんな意見が出てきます♫

☆つぶぐみチームさん☆
Sくん「Kくんは、何をしたい?」
「俺は、ホラー鬼ごっこがやりたいんだけど、Hくんは何がいい??」
などなど、Sくんが中心になり、一人ひとりのお友だちのやりたいことを、優しく聞いている姿が見られました!
年度始めは、誕生会の出し物の話し合いなどでも、なかなか話し合いが進まず、シーン・・・となっていたり、話題がそれていたり笑 保育者が間に入り、話を進めることが多かった、つぶぐみチームさんでしたが、とても成長を感じました♫

↑この日は、Sくんが提案した「ホラー鬼ごっこ」に決まり、鬼役の子がひたすら、おばけの真似をしながら、お友だちを追いかけて、大盛り上がりでした笑

☆チョコポテトチームさん☆
アイデアマンが多く、様々な意見が飛びかう、チョコポテトチームさん。
この日も、ハンターごっこをしたい子と、鬼ごっこをしたい子で意見が分かれ、しばらく話し合いが滞っていました。
(ハンターごっこは、ハンターに捕まったら、牢屋に入るゲーム、鬼ごっこは、鬼に捕まったら牢屋に入るゲームなので、大人からしたら、「どっちも一緒じゃん!」と思われる方もいらっしゃるかもですが、子どもたちからすると、そこがとても大事なんです笑)
どうなるんだろうなぁー!!としばらく様子を見ていたら・・・。
さすがアイデアマン揃いの、このチームさん!
Aくん「あっ!!そうだ!もう、こうなったら、ハンターごっこと鬼ごっこを合体させて、ハンター鬼ごっこにすればいいじゃん!!」
と、ナイスアイデアが閃き、みんなで楽しそうに、ハンター鬼ごっこが繰り広げられていました♫
また別日には、みんなでストライダーに乗り、「ストライダー鬼ごっこ」をやっていたりと、本当に楽しい遊びを毎回生み出していて、見ているこちらもとても楽しいです!!

 他にも、新入園児のKちゃんがいる、わたあめチームさんは、K先生も一緒に「だるまさんがころんだ」をしたり、別日には、担任も混じり、園庭に咲いている通称「くっつき虫」をたくさん集め、お友だちの洋服をめがけて当てて遊ぶ、(オナモミという名前のようです)「くっつき虫鬼ごっこ」をしたり♫
本当にアイデア満載のお友だちです!

 少人数のチームの中で、それぞれの思いをたくさん出し合い、遊びの中での問題が出てきたりすると、なかなか上手くいかず、新学期当初はいつのまにか分裂し、遊びがなかなか続かなかったこともありましたが、最近では、問題に向かって、またみんなで考えたり、アイデアを出し合って、独自のルールを作ったりしながら、最後は笑顔満点で遊ぶ姿が、よく見られるようになってきました!

チームのお友だちのことを知ったり、仲を深める良い機会だと思っています♫
「チャレンジタイム」まだまだ盛り上がりそうな予感の、くまグループです☆☆

 

寄り添う

2021/09/24

ある雨の日、郵便局から出た時の事です。

片麻痺の杖をついた80代の方が、傘をもちろんさす事もなく、歩いておられました。

とっさに、お宅まで送りますと駆け寄りました。その方は、リハビリがてら、近くを散歩され、雨にあわれたようで、早くも歩けず、困ってたとおっしゃいました。車の乗り降りは、私自身慣れない事でしたが、頭をぶつけないよう、装具のここを持ってと、なんとかできたかと思います。玄関先も段差があり、入り口までご一緒しました。何度もありがとうとおっしゃって、お見送りいただき、私の方が心温まりました。

入居者の方の困ったとき、すぐに気付き、対応出来るよう、改めて、寄り添い、自己研鑽に励まなければと思いました。介護職としての自覚を持ち、仕事以外でも常に心配りを大切にしていきたいと思います。

西館1丁目  芳田

もうすぐ運動会!!(5歳児)

2021/09/24

来月はいよいよ運動会です(^^♪

「うんどうかいできるかな?」と心配をしていた子どもたち。、でも、友達がそろうと安心していて、順番や場所を教えあっていました。やっぱりみんなで過ごすことやみんなで取り組むことが楽しい!!という事を感じています。

友達に刺激を受け、練習に励んでいます。

去年のお楽しみ会でも太鼓をしましたが、今年はテンポの速さ、移動に子どもたちは苦戦。それでも太鼓を楽しみながら、何度も練習を重ねていくと出来るようになってきました。子どもたちの成長が感じられます。その経験が子どもたちの自信につながっています!!

子どもたちにとって少し難しいことに挑戦することで、今後困難があった時に乗り越える力になり、自信になると思います。

保育園最後の運動会楽しみながら子どもたちと心を1つに頑張りますので応援よろしくお願いします✨

 

運動会の全身画を描いています。

動いている様子を描くのは難しくて苦戦していましたが、保育士の動きを見ながら描いています。

当日門に飾るのでお楽しみに♡

 

本田

 

「戸外遊び楽しいなー!」1歳児 ももぐみ ドキンちゃんチーム

2021/09/24

「戸外遊び楽しいなー!」1歳児 ももぐみ ドキンちゃんチーム

 

  だんだんと涼しい日が多くなり、戸外でも快適に過ごせる時期になってきましたね。戸外で元気いっぱいに砂場遊びや乗り物に乗って楽しんでいるももぐみドキンちゃんチームのお友だち!以前は四輪車や三輪車に乗っていたお友だちですが、最近ではストライダーに挑戦しているお友だちがたくさんいて成長を感じている担任です🎶 Yくんがストライダーに乗っているのを見たRくんやTくんも「これ乗る〜」「先生出して〜」と駆け寄ってきました!担任にストライダーを出してもらうと、自分の足で地面を蹴りどんどん進んで楽しんでいました!最初はバランスが難しく、サドルにまたぐことがなかなかできなかったお友だちもいましたが、何度も何度も挑戦していくうちに、自分1人でサドルにまたがることができてとても嬉しそうでした(*˙˘˙*)

また、アスレチックで遊びました!丸太のスロープも自分の力でスイスイ登れるようになって来ましたましたよ( ˆᴗˆ )丸太の橋を渡る時には、お兄ちゃん、お姉ちゃんと手を繋ぐと「こわーい!」と言っていたお友だちも楽しそうに渡りきっていました!その後は担任と「出来たね!いえーい!」とハイタッチをして喜びを共有しています♪やりきった!!と満足そうな表情のお友だちです( ˆᴗˆ )

「ストライダーに乗れるよー!」

「お姉ちゃんと一緒に渡れたよ!」

 

 

 これからも一人ひとりの体の発達段階に合わせ、遊びを発展させながら、達成感を味わえるようにしていきたいと思います!

 

中野舞

「アイス棒持ってるかな?」2歳児ちゅうりっぷ

2021/09/24

「アイス棒持ってるかな?」2歳児ちゅうりっぷ

 

先日のお天気が良い日。ファミリーマートの裏あたりのマラソンコースにお散歩に行きました!「アイス棒持ってお散歩行こうか?!」と言うと「やったー!」とみんな張り切ってスタート

「このお花は彼岸花って言うんだよ!」

「お花きれいーー!!」とあぜ道に咲く彼岸花を見たり「トンボがいっぱいおるーー!」と、畑上のいっぱいのトンボに大興奮したり「飛行機が飛んでくるー!!あっちあっちーー!」と定期的に飛んでくる飛行機に毎度嬉しそうに手を振ったりと、色んな発見がいっぱいの散歩に、みんな嬉しそうです!

「大好きなアイス棒おいしいねぇ

そして、待ちに待ったアイス棒の時間!あぜ道にみんなで並んで食べるアイス棒は、とっても特別なようで「美味しいねぇ」と満足そうです!

アイス棒を食べ終わり、また歩き出すとアリを見つけたAくん!「あ!アリさん!アリさんもお散歩かなぁ?」「そうだね!アリさんもお散歩かもね」と返事をすると「アリさんもアイス棒持ってるかなぁ?」と可愛い話しに「そうだねアリさんもおやつ持ってるかもね!」と

「神社まで頑張って歩きました!」

そして、神社で「かっこいいお兄ちゃんお姉ちゃんになれますように!」「また、お散歩に行けますように」とお願いしました。

「神社でお参り

そんな帰り道、地域の人に会って「こんにちはーー!!」と挨拶をしていると「あの人もアイス棒持ってるかなぁ?」とAくん!それに大笑いの担任。よほどアイス棒を持ってのお散歩が楽しかったんでしょうね

保育園に帰ってきてからも「楽しかったね!またお散歩行こうね!」とお友達と話すほどこれからもっと過ごしやすい季節になるので、たくさん散歩に出掛けていろんな発見をしたいと思います(o^^o)

 

♡♡おまけ♡♡

先日の中秋の名月、お月見団子を作りました!お部屋でみんなで作った月をみながらお団子を食べました(誤飲防止のため、お団子にお豆腐を混ぜしっかり噛んで食べました!)翌日に「昨日の夜、月みた?」と言うと「忘れとった〜!」とみんな。月にはうさぎが住んでる?お月見団子はおばけが変身してる?と今、お月見に興味を持っています!お家でぜひ夜にキレイな月を一緒に見て下さいね(o^^o)

「団子より、きな粉の方が人気でした(笑)」

「このお団子、、おばけじゃないよね?」

「お気に入りの絵本です!」

「おばけのお団子も作りました

 

大原なお

「きれいだな~」 ありんこGrちびっ子チーム(7ヶ月~1歳)

2021/09/24

「きれいだな〜(^^)」

ありんこちびっ子チーム

(7ヶ月〜1歳)

 

色んなものに興味が出てきた子どもたち。(^^)

この間は、どこのお家にもある、ジップロックに綺麗なビーズと水を入れて、見ても「きれい」触ってみると冷たくて・・・ビーズを取りたいのに「あれあれ?」つかめなーい。

担任手作りの遊び道具を子どもたちの前に渡してみました。

 

「なに?なに?ゆらゆらするよ」

 

目の前に現れた不思議な袋を叩いてみたり、押してみたり、すると中のビーズが水の中をあちらこちらへ。不思議そうにみては、パンパン。(^^)

興味はあるけど、慎重に触れるかな?「大丈夫だよ。ほら触ってごらん」と担任といっしょに手を伸ばして触ってみたり。

 

「触れるかな〜?」

 

どうにか中の物を触りたいな〜と袋を持ち上げたり、どうしたら、触れるんだろ〜と考えてる姿もとっても可愛かったですよ。(^^)

「どうやったら、とれるのかな?」

指先をたくさん使うと脳にも刺激を与え「集中力」「思考力」「記憶力」なども発達していきます。(^^)

毎日の遊びの中でたくさん手・足・指先を使って楽しんでいきたいと思います。

 

西元千鶴

 

やっぱり・・・

2021/09/24

先日は中秋の名月(十五夜)あいにくの曇隠れの月でしたが本当にまんまるできれいで心が洗われた気がしてストレスも少し発散出来た様に思います。

さて、季節の変わり目、日中の気温差で体調に不安な入居者様も多く見られ半袖、長袖、様々です。毎日、毎回、子供に注意するするように、親に諭すように接しているのですがつい強い口調になっている時もあり「いけない」もっと気を付けなくてはと反省の日々です。年を取って気が永くなればいいのですがどうも違うようで反対に我慢できず苛立つようになったりする方も多いとかよく聞きます。

こんな日々ですがやっぱりコロナワクチンの三回目の接種が濃厚のようです。『え~また?』の不安な声もちらほら聞こえています。国民の半数以上が済み感染拡大は今のところ抑えられているのですがこのままで収束をと願うばかりです。

これから秋の健診、インフルエンザワクチン、と続きます。気を引き締めて努めて参ります。

 

追伸:一年で一番空気が美味しい季節です。心身ともに元気になると思います。しかし、「天高く馬肥える秋」となりませんように。私もですが、、、

 

 

看護職:松本

「びよ〜ん!!」 3歳児すみれ組うさぎGr. 佐藤

2021/09/22

「びよ〜ん!!」
3歳児すみれ組うさぎGr. 佐藤

先週に引き続き、感染拡大防止のため家庭での保育を協力して頂いているので、「せんせい、なんでみんなこないの?」「〇〇ちゃんにあいたいんだけど…」とお友達に会えなくて、少し元気がない姿もありました。私も空いている靴箱やおカバン掛けを見ると早くうさぎグループのお友達に会いたいなと思います😌
この間、お外が雨でうさぎさんは、風船遊びやダンスをして楽しみました!お隣のりすグループさんはスライム作りをして楽しんでいました!午後お部屋でりすグループさんと一緒に過ごして遊んでいると、スライムを見たうさぎさんが、「せんせい、うさぎさんもしたい」「わたし、ピンクがいいな!」「どうやってつくるんだろう」とスライムに興味津々のお友達!担任「雨の日にしよう」とお友達に伝えました。(感染拡大防止のための密を避けるため)でも、次の日、そのまた次の日もお外は、天気が良く、雨が降りませんでした…Sくんが、「せんせい、はれてるね」と少し悲しい表情で言うと、それを聞いていたKちゃんが、「でも、たくさんおそとであそべるね!」と言うと、「そうだね!」とKちゃんの言葉に笑顔になったSくんは、Kちゃんと一緒にお山に走って行きました😌
そして、次の日…お外はくもりで少し雨がポツポツ降っていました。するとSくんとKちゃんが「さきせんせい、きょうスライムつくれる?」と期待と少し不安の表情で聞いてきました😅「うん!きょう作ろうね!」と言うと、「 やったー!!」とスライム作りをとても楽しみにしていたお友達!早速、スライムづくりがスタートしました!
スライムのつくり方は…
1、コップに水を入れ、好きな絵の具を入れる
2、洗濯のりを入れる
(水と洗濯のりを1:1にする)
3、最後にまほうのみずを混ぜて完成!
(まほうのみずとは・・・水とホウ砂を混ぜたものです!)
まほうのみずを入れる時、子どもたちは「みずだよ!」と言うお友達や「まほうのみず?」と不思議な様子で見つめるお友達など反応は様々でした!
そして、好きな色を選ぶ時は、「せんせい、ピンクがいいな…」と言うお友達。しかしそこにピンクの絵の具は無く、「どうしよう…なにいろにしよう?」と悩むお友達。担任が「つくろうか!」と言うと、「えっ!?」とビックリしていて「どうやって?つくってみて!」と興味津々なお友達!赤と白の絵の具をコップに入れ、「混ぜてみて!」と言うと「うん…」とワクワク、ソワソワな気持ちのお友達!すると、ピンクに色が変わり、「すごいね!ピンクになったよ!かわいい!」ととっても笑顔なお友達!😄また、割り箸に付いたスライムを「びよ〜ん!」と伸ばして楽しむお友達や「ぷにぷにしてる!」とスライムの感触を楽しむお友達、スライムを顔に付けて「ひげ!」と言い、楽しむお友達や最初は、スライムに“どきどき”していたお友達もお友達がしているのを見て、笑顔で混ぜたりと一人ひとりのペースで楽しんでいて良かったなと思いました😌今度うさぎさんみんなと一緒に楽しみたいなと思います!
これからも、子どもたちそれぞれのペースに合わせて声掛けや援助をしていき、みんなが楽しめる活動をたくさんしていきたいと思います!
まだまだ、不安な日々は続きますが、感染症や熱中症対策をしていきながら、過ごしていきたいと思います。

       

 

        

秋祭り☆

2021/09/22

 

今日は待ちに待った秋祭り!!!

甚平を着て準備万端な子ども達!

~~~~~♪

お祭りの音楽が聞こえてきました。

「いらっしゃいませ~!りんご飴いかがですか~!」

保育士がりんご飴やチョコバナナを売っています。

子ども達はりんご飴やチョコバナナをもらうと

「かわいい~!」「おいしそうね~!」と話していました♪

 

 

次は魚すくいやヨーヨーすくいをして楽しむ子ども達!

「お魚とれた~!」と嬉しそうに伝えてくれ、時間を忘れて

夢中で遊ぶ子ども達でした。

 

 

 

 

 

コロナ渦ではありますが、最善の配慮を行いながら子どもたちと

楽しい経験ができるようこれからも寄り添っていきたいと思います。

 

池畑 佳鈴

 

 

食べること大好き 【1歳児 りす組】

2021/09/22

夏の名残を感じながらも、秋の訪れによる自然の変化を楽しんでいる子ども達。新年度に入ってから半分近くが過ぎ、あっという間にもう9月ですね。9月に入ってもまだまだ暑い日が続きます。汗拭きや水分補給をしっかりして元気に過ごせるようにしていきたいと思います。
 
今月も戸外に出てたくさん体を動かして遊んでいるりす組さん、たくさん遊びこむのでもちろん体力も使います。体力がつくのでその分たくさん食べるようになりました。みんなが大好きな給食は好き嫌いなく完食してくれます♡皿を手に持ったり、スプーンを下から握ったりと食べ方も少しずつ上手になってきています。お腹いっぱいに満たされた後は夢の中です。どんな夢を見ているのでしょうね〜
 
起きたら、みんなが大好きなおやつの時間です。
今月はおやつにヨーグルトが出ました。
口にいっぱい付けながら美味しそうに食べていました。
ヨーグルトがいっぱいついた顔も子どもらしくて可愛らしいですね♡
 
これからもたくさん遊び、たくさん食べて、たくさん寝て大きく成長していってほしいなと思います!
                        西山