2022年back number

当施設ご入居者・職員の新型コロナウイルス感染に関するお知らせ(第1報)5/22

2022/05/22

5月22日(日)に、当施設において、ご入居者4名・職員1名の新型コロナウイルスの陽性が判明いたしました。

現在、熊本市保健所のご指導のもと、接触者の確認や感染拡大防止対策を進めております。新たな情報につきましては、第2報としてご報告を行うことといたします。

3回のワクチン接種も実施し、感染予防には徹底した対策を講じておりましたが、ご利用者・ご家族及び関係者の皆様には多大なご心配をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

引き続き熊本市保健所等のご指導を仰ぎながら、職員一同感染拡大防止に注力し、早期の収束に努めて参りますので、ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2022年5月22日

社会福祉法人 白川園 白川の里

施設長 満田 賢一朗

「Shirakawa girls & boys Collection♡」 5歳児 さくら組くまGr 秋田

2022/05/20

「Shirakawa girls & boys Collection♡」
5歳児 さくら組くまGr 秋田

先日、さくら組になって初めての造形教室がありました♫
今回の造形教室のテーマは、「新聞紙で洋服を作ろう」です!
「自分で作って、着る喜びを味わう」というねらいで、取り組みました♫
2枚重ねにして、ガムテープを貼った新聞紙を、折り曲げたり、ハサミで切ったり、クレヨンで好きな色に塗ったり、模様を描いたり、余った新聞紙でお花や剣などの飾りを作ったりと、イメージを膨らませながら、自由に洋服を作ります!
さとちゃん先生が持ってきた見本の洋服を見て、「すごーい!」「ほんとに着れるの!?」「良いね〜♪」と、やる気満々のお友だち♡

折り曲げたり、ハサミで切ったりと、沢山の工程があるため、さとちゃん先生の話をしっかり聞いて洋服作りスタートです!まずは、襟の部分を折り曲げて、腕を通す所を切り取っていきます。「こうかな?」「これで良い〜?」と、お友だちやさとちゃん先生に聞きながら、次は、好きな色に塗ったり、模様を描いていきます!
「善逸の洋服にする!」と、好きなキャラクターが着ている洋服と同じ模様を描くお友だちや、「青が好きだから、青で塗る!」と、全部きれいに青で塗ったりするお友だちなど、様々な模様や色の洋服になりました♪
最後に、余った新聞紙でお花のブローチや、剣を作って自分の洋服に飾りをつけたら、個性豊かな、世界に一つだけの洋服が完成です♡♡
「見て見て〜♪」「私のお洋服どう?」「出来た〜♪」と、みんなで自分の作った洋服を着てお披露目会をしました♡
せっかく素敵な洋服が出来たのに、くまGrだけではもったいない!と思い、午後からの戸外遊びで、ファッションショーをすることにしました♡
みんなでもう一度洋服を着て、大好きな鬼滅の刃の音楽を流しながら、芝生の園庭をチームのお友だちと一緒に歩いて、すみれ組やひまわり組、きりんGrのお友だちや先生たちにお披露目しました♡
色んなお友だちや、先生たちに「良いね〜♪」と手を振ってもらい、満面の笑みでくまGrのお友だちも手を振り返していましたよ♡
園庭をぐるっと一周して帰ってきたのですが、物足りなかったようで、「ねぇ、見てない人もおるけん、もう一回しよう!」ということで、さらに園庭を一周して、沢山のお友だちに素敵な洋服をお披露目することができました♡

「楽しかったね〜♡」「今度は、何だろうね!!」と、今のうちから、次回の造形教室を楽しみにしているお友だちです♡

「アメンボって飛ぶんだよ!」(しらかわっこクラブ)

2022/05/20

「アメンボって飛ぶんだよ!」(しらかわっこクラブ)

昼間はかなり暑い日が増えてきましたね。そしてなんと、保育園のお友達がクワガタムシを捕まえていました!生き物大好きな学童さんが知れば目を輝かせて探し続ける事でしょう(笑)
今までにもクワガタやカブトだけではなく、トカゲやセミ、カマキリ、アリ等々様々な生き物
を捕まえてきた学童さんですが、先日の雨上がり新しい生き物を捕まえていました。

「みて!めっちゃ居た!」

かなり分かりづらいのですがこの黒い物体、なんとアメンボです!雨上がりのグラウンドに出来ていた水溜まりにて発見されました!よくそんなに捕まえれてたねぇと感心していると

「教えてあげる!」
「こうやってダムを作って追い込んだよ!」

なるほど!ただ追いかけるだけではなくしっかりと考え、工夫して虫取りができるのは流石は学童さんですね。しかしこの大量のアメンボどうするのでしょう?聞いてみると
「もう少ししたら逃がすよ!それまで観察する」
と捕まえた後の事もお兄さんらしくなってきました。やはり保育園や下級生時代は捕まえるのが楽しくて、牛乳パックに入れたまま放置してしまう事も多々あります💦しかし上級生になると帰る前には逃がす、きちんとお世話をする等捕まえた後の事もしっかりと考えれるようになっていきます。学童で毎年たくさん生き物と触れ合ってきたことで思いやりの気持ちが育ってきたのでしょうね♪

学童 上田 ゆうた

芝刈り

2022/05/20

ここ数日、暖かいというより暑い日が続いており、まだまだ身体が慣れておらず疲れが出やすい今日この頃。

ご入居者にも衣類の調節やこまめな水分補給のお声掛けをしております。

 

そんな晴天続きの中、今日は曇り空でしたので、外の芝刈りや草刈りを行いました。

暖かくなりいろんな花が咲いたりして我々の目を楽しませてくれていますが、それと同じように芝生や雑草も元気に生い茂っています。刈っても刈っても、抜いても抜いても次から次へと生えてきます。

これからはさらに暑くなってくるので大変ですが、ご入居者から労いのお言葉をかけていただいたり、スッキリした状態を見られ喜んでいただけたりと、嬉しいことも沢山あるので熱中症に気を付けながら励んでいきたいと思います。

 

相談員 髙橋

「お散歩♪」4歳児ひまわりぐみ

2022/05/20

先日、森地区へお散歩に行きました!川を見つけると、「カニさんいるかな〜?」と皆で覗き込み「あ!あれは?」「どれどれ?」と観察していました!

「カニさんいるー?」

 

森地区には、ちょうちょやバッタ・シロツメク草が沢山あり、女の子達は、シロツメク草で指輪や花冠・ブレスレット作り!担任が花冠を作ると「私も作りたーい」と、みんな沢山シロツメ草を集めていました(^^)

「沢山集めるぞ〜♪」

 

出来上がると「可愛い?!」と、お友だちと見せ合いっこしていました!

 

その頃男の子達は、バッタ探しに夢中!初めは、手で捕まえようとしていましたが、なかなか捕まらず…「そうだ!」と帽子を網にして、「おりゃ!」と捕まえようとするも、捕まらず「あ!逃げた」「そっちいった捕まえて」とお友だちと協力しながら、夢中で捕まえていました✨

「バッタいるー?」

 

また、麦刈り後の藁を機械で集めていたので、しばらくみんなで眺めていると、機械の後ろからコロンとロール状に丸まった大きな藁が出てきました!!これにはお友だちも「すご〜い!✨」と大興奮!

なかなか出てくるところを見れる機会がないので、藁が出てくるたびに「おー!!」と興味津々のお友だちでした!

「藁が出てきた〜!」

 

保育園へ帰る際、「先生〜今度網持ってきて捕まえたい!」と、お友だち!

今度は、みんなでアイディアを出し合って、虫取り網を作り、お散歩に持っていこうかな〜と考えている担任です!

 

お散歩では、草木の匂いや川の流れ、鳥の鳴き声などあらゆる角度から五感が刺激されることにより、様々なことに興味を持つきっかけとなります。

これからも沢山の虫や草花・自然物に触れ、様々な発見をお友だちと共有しながら、お散歩を楽しんで行きたいと思います(^^)

 

矢野晴香

こねこね楽しいね 【2歳児 うさぎ組】

2022/05/20

さわやかな風に、暖かい日差し。戸外遊びやお散歩が楽しい季節となりました。うさぎ組が始まって2ヶ月が過ぎようとしています。

最初は新しい部屋、先生にちょっぴり緊張する様子も見られましたが、今では毎日パワー全開!!

季節ならではの遊びをパーっと弾けて楽しんでいきますよ♪

 

先週は雨が続き室内遊びが多くなりました。

お外に出たくてウズウズしているお友だち。

そこで、室内でも楽しく遊べるように、「片栗粉粘土」をしました。

最初に、水を入れる前に、粉の感触をみんなで味わいました。普通の粉とは違い、サラサラしていて気持ち良かったようです☺︎

お次に、水を少しずつ足してみんなでこねました。

お友達同士で「まぜまぜ〜」と言いながら楽しそうにしています!!

だんだん柔らかくなったところで、みんなでお団子を作りました。中々丸にならず、また丸になってもすぐ溶けてしまい、こども達は、あれれー??不思議そうな表情をしていました☺︎

子ども達も保育者も片栗粉の感触や、不思議さを存分に楽しみました☺︎

遊んだ後は、全身真っ白になったのでお着替えです!着替えながら、「またしたいー!」と言ってくれたお友達がいて嬉しかったです☺︎

もう時期、梅雨入りします。

また室内遊びが中心となりますので、子ども達が飽きずに遊びを楽しめるよう、遊びの工夫を行なっていきたいと思います。

                        西山

 

 

 

 

 

 

 

時間をかけて そら組(5歳児)

2022/05/20

 去年から育てているパンジーの花に、例年通りツマグロヒョウモンの幼虫がやってきて、

大切に大切に育ててきたそら組の子ども達。

 

お世話をする中で幼虫のうんちが緑であること、逆さまにぶら下がったらもうすぐサナギになること

そして、蝶になること。

その一つ一つの出来事を幼虫の成長と共に、画用紙に表現してきました。

パンジーの花びらは、5枚であることを知り、半紙のうす染めで表現。

1枚1枚重ねてパンジーの花の完成!!

そして、幼虫とサナギを見ながら、描き。

 

やっと、1匹目が蝶になると興味津々の子ども達。

「図鑑を見てみよう~」 「オスかな? メスかな~?」

「あ~!!、これオスだけ~ん!!」

 

オスとメスの模様の違いに気づくことができました。

2匹目は、メス!!

「今度はメスだけ~ん!!」 「メスの方が模様がきれいだね~」

「私、メスにしよ~」 「ぼくは、オスば描こうかな~」

と言いながら、、蝶の絵も描きました。

 

この絵の完成に約1か月半。 この1枚の画用紙には、子ども達の学び・感動・思い出がたくさん詰まった1枚となったのではないでしょうか。

そして、大切に育ててきたパンジーの花の押し花にも挑戦しましたよ♡

 

一つの教材(パンジー)からたくさんのことを学んだ子ども達。これからもそんな経験をさせてあげたいと思います。    

       右田

「恐竜博物館に行ってきました!」 5歳児さくらぐみ

2022/05/20

先日、御船町恐竜博物館に行ってきました♬︎4月からずっと楽しみにしており、日が経つごとに「あと〇日!」「あと何回寝たら恐竜博物館?」とドキドキワクワクしていたさくらさんです♡

恐竜博物館見学に向けて、恐竜クイズ大会を楽しみました!クイズは3択クイズで、同じチームのお友達と話し合い、答えを1つ出すというやり方で行ってみました!「第1問!恐竜の仲間は誰だ?①人間②犬③トカゲ」と問題を出すと、早速同じチームのお友達と意見を出し合い始め・・・。「トカゲだと思う!」「だってトカゲも卵から産まれるよ!」と全チームが③のトカゲと回答。「正解は〜トカゲでした〜!」と言うと、「いえーーーい!!」とみんなで大喜びしていましたよ😆「第2問!草食恐竜がうんちを出すために、草と一緒に食べていたものは?①花②石③木」という問題には、「花を食べてもうんち出らんよね?」「石硬すぎて食べれんよ!」「じゃあ木じゃない?絶対木だよ!」と話していたさくらさん。「どうして木だと思うの?」と尋ねてみると、「だって木に葉っぱが付いてるじゃん!」「葉っぱ食べる時に木も一緒に食べてたんだよ!」と全チームが答えました!しかし、正解はなんと②の石!子どもたちも以外な答えに驚き、唖然としていました(笑)「石は、お腹の中で食べた葉っぱとか草をすり潰してうんこにしやすくしてたんだって!」と言うと、「でも俺たちは石食べんよね!」と言っていました😄(笑)

また、別の日には、体育館でティラノサウルスの大きさを再現してみました!ティラノサウルスの大きさは、全長13m、高さ6mだそうです。子どもが両手を広げた長さが約1mですので、13人のお友達が手を繋いで1列に並びました。その長さに合わせて、新聞紙を並べテープで貼り合わせていきます♪

 

     

「ティラノサウルスの大きさ再現中・・・」

 

横13m、縦6mの四角が出来上がると、「ティラノサウルスでか〜!!」「俺たち一口で食べられるじゃん!」と大盛り上がりでしたよ(*^^*)

 

「ティラノサウルス大きい〜!」

 

恐竜博物館見学当日。博物館に到着し、さっそく館内の見学をしましたが、化石や恐竜の骨などを見て大興奮のさくらさん♡「これ、歯の化石だって!大きい!」「プテラノドンもいる〜!!」とお友達と教えあって見学を楽しんでいましたよ♬︎

 

「トリケラトプス大きいね!」

 

その後、缶バッチ作りの体験も楽しみました!自分の好きなように色を塗り、缶バッチが出来上がると嬉しそうにリュックに付けていましたよ☺️

 

「塗り絵中・・・」

 

恐竜博物館見学後は、近くの恐竜公園でお弁当♡お家の人に作ってもらったお弁当を「見て見て♡」と担任やお友達と見せ合い、とても喜んで食べていたさくらさんです!帰りのバスの中では、疲れ果てて眠ってしまうお友達もいて、園に帰ったあとは、みんなでゴロゴロタイムをしましたよ☺️

 

「お弁当美味しそうでしょ?」

 

「ゴロゴロタイム」

 

さくらぐみで、初めての園外保育。みんなでバスに乗ったりお出かけしたり、子どもたちも終始楽しそうで、担任も嬉しくなりました!これから、お出かけすることもたくさんありますので、色々な場所で学びを深めていきたいな思います♪

 

「恐竜博物館に行ってきました♡」

 

荒木愛絵

「こどもの日」

2022/05/20

新年度が始まり、あっという間に一ヶ月が経ちました。子ども達も新しい環境に少しずつなれて来たようで、笑顔も増えたように感じます。楽しかったゴールデンウィークも終わり、少し疲れが出てくる頃かもしれません。

すごしやすい季節となりましたが、日中は汗ばむくらいと気温の差も大きく、体調も崩しやすい時期ではないでしょうか。

 

 

ゴールデンウィーク中の5月5日は「こどもの日」でした。こどもの日というとちまきや柏餅などの定番の食べ物と思います。この日は帰省している子も多く、残っている子ども達が喜ぶようにたい焼きをつけました。

また、おやつにはクリームチーズに泡立てた生クリーム、砕いたオレオクッキーを混ぜ合わせ、

冷やし固めたアイスを作りました。

子ども達にも好評で「美味しかった!また作って」といってくる子もいました。

 

これから湿度や気温が高くなり、細菌が増えやすく食中毒が発生しやすくなります。食事作りには食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」をまもり、子ども達が元気に過ごして行けるようにサポートしていきたいと思います。

 

 

                       

 

入所部 徳丸

みんなでこいのぼりを作ったよ~!! (3歳児きりん組)

2022/05/19

 5月9日に「こいのぼり」の製作をしました。

園庭で泳いでいるこいのぼりに興味津々で、こいのぼりを見上げ

ては「屋根よ~りた~かいこいのぼり~♪」と元気にうたって

いた子ども達。

製作当日はスポンジスタンプで雲をペタペタした後、こいのぼりの

型の画用紙に色画用紙を格子模様に編み込んでいきました。

まず最初に色画用紙選びをしたのですが、さっと4色色画用紙を

選ぶ子、「どれにしようかな~」と悩んで悩んで…ようやく選び終えた

子と様々でした。

次に選んだ画用紙を格子状に「入れて」「出して」…の

繰り返し作業。

思うようにならずに苦戦する場面も見られましたが、

小さなお手てで一生懸命頑張って取り組んでいました。

外遊びの虫見つけと同様、すごい集中力で製作に参加した子ども達!!

完成した作品もみんなそれぞれ違っていて、とてもかわいい

こいのぼりさんがお部屋の中を泳いでいます😄     (名川)

 

                                            

 

オリジナル作品完成‼~風の子キッズ~

2022/05/19

楽しかったゴールデンウィークも終わり毎日元気に過ごしている子供達です(^-^)

またまた楽しい作品が出来たので紹介します❕

                

それぞれ自分で考えて工夫して作った作品です。

男の子は剣と車が完成したようです!剣の先を見てみると細くとがっているのと先が大きく三角にとがっているのがあります。

今にも走り出しそうなカッコイイ車も出来ました。

女の子は、お花が完成したようです!何のお花を作ったのか聞いてみると

「ちょっと作ってみただけ~」

という返事がかえってきました(^▽^;)でも黄色の花とピンクの花がとてもかわいいですね(≧▽≦)

ちゃんと花瓶まで出来ていてすごい!

毎日いろんな作品が見れて私も楽しみです😊

まだまだたくさんの作品が毎日出来るのでまた紹介します‼

穴井 茜

 

新しいお友達を迎えて・・・・        (0歳児 はな組)

2022/05/19

〈最近の子ども達の様子をご紹介します〉😊

🌼 食べるのが大好きなお友達はおやつや給食を見ると 椅子に座り身体を動かしたり テーブルを叩いて 早く~~~食べたいよとさいそくし 大きく口を開けて食べています。

🌼外で遊んでいる お兄さん お姉さんを見てはドアの隙間から足を出して 一緒に遊ぼ~~~と身を乗り出したりする様子が見られます。

🌼ばあ・・ばあ・・と保育者と顔を見合わせてニッコリ笑う姿が見られて楽しく遊ぶ姿が見られます。

🌼子ども同士でおもちゃを渡したりする姿も見られます。

4月から入所のおともだちも園の生活や保育者にも少しずつ慣れてきて 泣き顔や笑顔を見せてくれるようになりました。

 

今月から2人の新しいお友達が入所され 賑やかな はな組になりました。

まだまだ お母さん お父さんからお預かりするときは泣く姿が見られますが 

しっかりと思いを受け止めながら関わっていきたいと思います。

月齢は様々でありますが 個々の発達に応じて 遊び 食事 睡眠など対応することにより

生活リズムが芽生え心地よく生活できるように心がけています。

 

ご家庭と園で連絡を密にとりながら 保育に努めていきたいと思っています。

今後ともご協力をお願いします。

                                        齊藤

「新聞紙遊び」 3歳児すみれぐみ

2022/05/19

「新聞紙遊び」

 

 先日、ひまわりさんが造形教室で新聞紙遊びをしたので、すみれぐみでも取り組んでみることにしました。

 まずは新聞紙にパンチ。破れたらさらにパンチをして細かくしていきます。

「小さくなってきたよ!」

 

 あっという間にお部屋は新聞紙の海。

「サメだぞ〜♪」

 

 ひとしきり海で泳いだ後、Sさんが「そうだ!」と言って赤ちゃん人形を持ってきました。何をするんだろう?と様子を見ていると、新聞紙をおむつがわりにあてがっていました。

「よしよし、おむつを替えてあげるから待っててね!」

 

  土や水・粘土などとともに、「紙」は生活の身近にあって、幼児期にふさわしい可塑性に富んだ変化する素材の1つです。3歳児は、初めから明確なイメージと見通しを持って目的的に紙を扱うわけではありません。折ったりちぎったりしながら、紙の大きさや形が変わっていくと、そこにいろいろなイメージを結びつけていきます。Sさんの発想はまさに3歳児ならではの「見立て」といえるでしょう。

 Tくんは細長い新聞紙を「麺」に見立てて、「焼きそばはいりませんか〜?」とお客さんを呼び込んでいましたよ(笑)。

 

 このように手・指を使った遊びは脳を活性化することにもつながります。3歳児時代は「ごっこ遊び」が花開くといわれています。空想の世界を楽しむ中で、大人が思いもよらないような見立て方をするので面白いですよ。また手指の動きの発達に伴い、「ちぎる」「破る」行為から、はさみを使って「切る」ことを楽しむようにもなります。

 「はさみ」は3歳児において特に重要なアイテムになります。それについては機会をみて紹介していくつもりです。

 今回は「作る」よりも「壊す」活動でしたので、子どもたちが大はしゃぎでした。雨天時のストレスが発散できたのか、どのお友だちも晴れやかな表情をしていましたよ。

 

 後日、絵本を破いて楽しんでいたお友だちがいたので、破いてはいけない大切な物があることも伝えました。善悪の線引きが難しい時もありますが、繰り返し伝えることで「大切に扱う気持ち」を育んでいきたいと考えています。

 

林 信彦

音への過敏さ 追体験

2022/05/19

先日、腰椎の神経の状態を調べるためにMRI検査を受けました。

初めてのMRI検査でしたので、すごく緊張しながら、事前の説明を聞きました。

撮影時間は30分はかかるという事、その間体が動いてしまうと取り直しになってしまうこと、撮影中かなり大きな音がする事、少しでも軽減できるよう音楽を流しているヘッドフォンをつけておく事、などなど丁寧に詳しく説明を受けました。

“身動き取れないですが、痛みの方は大丈夫ですか?” ”狭い所に入るのは大丈夫ですか?”

などの確認をされ、いよいよ機械の中に入りました。

 

閉所恐怖症ではありませんが、マスクもしていて息苦しさもあり、動いてはいけないと思うと余計に不安が募りました。

撮影が始まると突然、耳元で工事現場の鉄骨が落ちたのではないかと思うほどの激しい音の衝撃と振動がドンドン、ガガガガと続きます。

事前の説明を受けて、覚悟もしていたのに激しい音に苦しい思いをしました。

私よりも高齢の方や病状が重い方達もこれを受けていらっしゃるのかと思うとどんなに大変だろうと思いながら、私も自分では我慢強い方だと思っていましたがとにかく早く終わってと念ずるばかりでした。 と言うような体験をして、

この何週間か前、児発の活動の中で、子どもたちの注目がバラバラに外れてしまっていた為に、進行していた私が予告なしに、笛をピーっと鳴らして注目を促したことがありました。その後、活動を続けた後で一人の男の子がとても怒った顔で私に「うるさかった!」「うるさかった!」と何度も繰り返し訴えてきました。何がうるさかったのかよく分からず、みんなの声がうるさかったの?それとも先生の声がうるさかったの?などと尋ねますが、男の子も上手く気持ちを伝える事が難しく、ただ何度も「うるさかった!」と怒るばかりで、ウーンと振り返って考えてみたところ、あの時の笛の音かと思い当たりました。

“笛の音ね!そうでしょう?”と言うとそうだったのか、はっきりはしませんが、多分当たりのようで、直ぐに謝って”急にあんな音がして驚いたよね!笛を鳴らす時は前もってお知らせするから許してね。”と話をして何とか納得してもらいました。

その時は簡単にごめんなさいねと済ませたけれど、自分自身、MRI検査で事前に説明を受けていてもあんなに辛かったのに、音に過敏のある子にとってはどんなに不快で恐怖だったろうと実感し、本当に申し訳なかったです。

MRI検査を受けて音への過敏さの追体験が出来、身をもって知ることが出来ました。

これを機により子ども達の困難さを自分の身に置き換えて感じ、心に寄り添って支援を行っていきたいと思います。

児童発達支援センターおひさま 児童発達支援事業 一山

 

~いつもありがとう~(グリーンキッズ)

2022/05/18

おうちの人に感謝の気持ちをこめて、花紙を使ってカーネーション作ってみました✿

「喜んでくれるかなぁ…」

「早くみせたいなぁ♪」と 赤・ピンク・青とカラフルにできあがりました。

作ったカーネーションを包むためにレースを準備していましたが、それだけでは足りず、自分の折り紙を使ったり、絵をかいたり、リボンを付ける子がいたりとそれぞれの方法で仕上げていました。

 

お迎えの時、おうちの人にカーネーションを渡す際も、ぶっきらぼうに何も言わず渡す子

「見て!作ったー!あげるー(^^)/」とニコニコで渡す子

「8日まで見つからないようにしなきゃ!」と必死に隠しながら帰る子と様々な渡し方をしていました。

それを見て支援員もほっこりです(*’ω’*)

言葉では伝えにくくても、手作りのものを渡して、日々感謝していることが伝わっていればいいなぁと思います。

                                    北岡

 

「ボール遊び」0歳児ありんこGr.高月齢チーム

2022/05/18

「ボール遊び」

0歳児ありんこGr.高月齢チーム

 

先週は雨天が続き、室内で過ごすことが多くなりました。そこで、サークル内にたくさんボールを入れてボール遊びをしましたよ(^^)

たくさんのボールに喜んでサークル内へ入っていくみんな!サークルへ入る為には階段をのぼり、斜面を降りていかなくてはなりません。

以前は階段をのぼっても降り方が分からず、、、な様子もありました。何度も繰り返し登り降りをしているうちに入り方を覚え、最近ではスイスイと中へ入っていきますよ♪

ボールは子ども達でも片手で持てるサイズ!両手に持って気分が上がり、そのまま手を上下にふりふり(*^^*)とても楽しそうです!!

ボールを投げられるお友だちも増えてきました!ポーンと投げて「じょうず〜」の拍手を自分でしていますよ♪

 

 

「ボールみーつけた!」

 

満足げな表情がとってもかわいいですね♡

さらに遊び方が発展しているお友だちは、サークルの斜面を活用してコロコロ〜っと転がして遊びを楽しんでいました!

発達に応じて遊び方が違い、面白いなと感じます(^^)

また、ボールにちょっとだけ道具をプラスして、こんな遊びもありますよ♪

 

「ボールのお豆さん、取れるかな?」

 

ボールをタオルで巻き、グリンピースやそら豆のようなお豆さんに変身!

タオルの中からボールを取り出すことで、手先を使った遊びを楽しむことが出来ます。

お家でも簡単に出来ますので、ぜひやってみて下さいね〜(*^^*)

 

窪田りよこ

いちご🍓

2022/05/18

新年度が始まって、1ヶ月が過ぎました。

新入園児さんも最初は泣いていましたが、徐々に泣き声も小さくなり

給食も食べれるようになってきました!

今から暑くなります。しっかり食べて、しっかり水分補給をして

暑さに負けない体を作っていきましょう!

 

今月、そらぐみさんが保育園のいちご🍓を収穫してきました。

真っ赤なおいしそうないちご🍓でした。

給食室の扉を叩き、大きな声で

「いちごをあらってください!」

「できれば、今すぐ食べたいので洗ってくれませんか?」

かわいいですねぇ😊

洗っていちご🍓を渡すと「甘ーい」「すっぱーい」「おいしー」

みんな感想を言って食べていました!自分たちで収穫して食べるいちごは

格別に美味しかったでしょうね😊

 

                      給食室 宇都宮

 

 

 

畑で大奮闘☆

2022/05/18

朝夕は冷えることもありますが、昼間は随分と気温が上がり暑くなってきましたね💦
 つい先日、おひさま職員で畑仕事にいってきました!畑作業に不慣れな私ですが、農家さんのサポートを頂きながらトマトとアスパラガスの苗植え、スイートコーンの種まきをしてきました☆広くて何もない畑を少しずつ開拓していき、地道な繰り返し作業は本当に果てしなく感じられましたが…みんなで力を合わせながら形になっていく畑を見ていると何とも言えない嬉しさがあります(*´∀`*)野菜がぐんぐん大きくなって、実がなったら子ども達と収穫したいな~✨と楽しみにしています(*^^*)
収穫までには色々な作業が必要になりますが、農家さんと力を合わせてがんばりたいと思います✨
畑に興味のある方はおひさま職員に是非声をかけてください🎶

 

                       放課後等デイサービスおひさま 永田

 

 

運動会へ向けて‥(南小クラブ)

2022/05/17

今月28日は、子ども達が楽しみにしている運動会が開催されます。あと○日したら運動会だね!と話をする子ども達もいて、楽しみにしている様子が伺えます。先日、外遊びでの出来事。3年生の女の子達が「先生!ダンスを覚えたけん、見て!!」と言います。すると、横1列に並んでKさんの掛け声から始まります。

かまえ!!

掛け声と同時に膝・腰を低くすると‥そうです!ソーラン節のダンスが始まりました。

♪ 1・2・3・4とカウントしながら踊りだす子供たち、サビの所では「どっこいしょどっこいしょ!ソーランソーラン」と掛け声をかけながら手足をしっかり曲げ伸ばしして、とてもキレのいい踊りをしていました。カッコよかったですよ!息もぴったり!!きっと本番でも気合の入った踊りを見せてくれることでしょうね。みんながんばれー!今年の運動会も人数制限がされる中行われます。きっと子ども達も、もっと沢山の人に見てもらいたいのではないかと思います。ここまで張り切って取り組んでいますので、運動会が終わった後、子ども達と相談しながら、改めてお披露目会を計画できたらなと考えています。

              高木佐代美

気温の変化に・・・

2022/05/17

 もうすぐ夏になるのに、ここ最近朝冷え込む日が続いています((+_+)) 昼間は半袖でちょうど良いのですが、夜寝るときには厚手の毛布1枚でも朝は寒くて目が覚めてしまうような日が続いていますよねぇ(-_-;)

心配なのが入居者の皆様の体調です。高齢になると寒暖の差が大きい日が続くと風邪をひいたり、水分補給を昼間にしかせずに、かるい脱水になられたりしてしまします。4月中頃は非常に暑い日が続いていましたが、後半から急に冷えたり暑かったりを繰り返しています。このように細かな気温の変化は入居者の体調だけではなく、職員も体調がおかしかったりしています。

職員でも体調管理、衣服の調整が難しいこの時期、入居者の皆さんにとってはもっと難しい問題です。毎日洋服の調整の声掛けや、水分補給の声掛け、夜寝るときの注意点などを伝えてはいるのです( ;∀;)が、やはり体調を崩してしまう方が後を絶ちません(;^_^A 毎日、受診に誰かを連れて行ってるような状態です。

また、今のご時世、風症状で受信した際には病院にはなかなか入れず、抗原検査を車で受けて陰性が出て初めて診察になるため、ものすごく時間がかかってしまいます。待つのに体力を使って余計悪化しちゃいますよね( ;∀;)

なんとか気温の変化が落ち着くまではスタッフ一同、力を合わせて入居者を見守っていきたいと思います(^^)/

相談員 中山

トンネルで♡(0歳児 はなぐみ)

2022/05/17

ハイハイやつかまり立ちをする時に大活躍なトンネル!

 

トンネルを覗いて名前を呼ぶと

とてもニコニコ笑顔ではいはいをして寄ってきたり

つかまり立ちをしてお友だちとお話(雰囲気)をして楽しんでいます♪

もう一つ、子どもたちお気に入りの使い方があるんです(*´ω`*)

それは、、、

 

トンネルに摑まってしゃがんで、

ばあー!!!

 

このいないいないばぁ!です。

保育者がしているのを真似して子どもたちもするようになりました(^^♪

ばあ!と言いながら勢いよく出てくる姿がとてもかわいいです♡

 

保育園に少しずつ慣れ、笑顔やそれぞれの個性も見られるようになってきました。

子どもたちが安心して過ごせるように保育を行っていきたいと思います。

窪田

「シール貼り」 1歳児 ももぐみ

2022/05/17

「シール貼り」 1歳児 ももぐみ

 

最近は雨の日も続いており、室内で過ごすことも多くあります。そんな先日、シール貼りを楽しみました!

担任が画用紙とシールを持ってくると、なにをするんだろう〜と興味津々で椅子に座り出すお友だち(笑)さっそくシールをひとつ画用紙に貼ってみせると、やりたーい!というようにみんなシールを手に取っていましたよ☺️

AちゃんやBちゃんはシールを上手に剥がすと、何枚も貼って楽しんでいました!シールが無くなると、「なーい!」と担任に次のシールを催促することも(笑)集中して黙々と取り組む顔は真剣そのものでした😆

「上手に貼れるよ!」

シール貼りにも月齢によって個人差があるため、まだうまく台紙から剥がせないお友だちも…。そんなお友だちも剥がしやすいように台紙を少し折ってあげると一つずつゆっくり取ってみて上手にできていました!

「ゆっくり挑戦だ〜!」

画用紙一面に貼り終わると、もういっかい!と2枚目にも挑戦しながら楽しんでいましたよ😄✨

シール貼りは指先を使うので指先の運動を促すのにぴったりです!こうした指先を使った遊びは脳を刺激し、細かな動きができるようになっていきます!

これからもシール貼りだけでなく、紐通しやお絵描きといった指先を使う様々な遊びを楽しんでいきたいなと思う担任です😄

 

田中就

ゲームで大盛り上がり♪(4歳児ぞう組)

2022/05/17

5月に入ってから前半は雨の日が多く、日中に戸外遊びをすることが少ない日が続き・・・

「きょうもあめだね~」と残念そうな声がよく聞かれました。

しかし、室内でも楽しいことはたくさんできる!と思い、いくつかゲームを行いました。

 

まず、「いしころころちゃん」という絵本を元に「石」になるゲーム(リズム遊び)をしました。

子ども達はこのゲームのことを、「いしゲーム」、「いしころゲーム」、「ころちゃん」といった呼び方をしています😁

どのようなゲームかというと・・・

ピアノに合わせて、歩く・かけあし・止まる・寝転ぶという動作を行います。

動作によって音楽が違うのでしっかり聴いておくことが必要になってくるのですが、

ぞう組さんはみんなしっかり聴き分けて動くことができていますよ♪

慣れてくると動きも機敏になってきて、その切り替えの早いこと!

止まるときにはピタッと止まって「いしころころちゃん」になっています✨

 

歩いて~♪

止まって!

寝転んで~zzz

 

このような様子で楽しんでいますよ(*^^*)

最近は「ころちゃんしよ~♪」と言ってきてくれお友達もいて嬉しいです☆

ゲームだけでなく、またいろいろな遊びをぞう組のみんなで一緒に経験して、

充実した毎日を送っていきたいと思います!

 

(賀藤)

芍薬

2022/05/17

芍薬

 

今、西館の入居者のテーブルの上には、大輪の芍薬の花が優雅に咲いています。

西田リーダーのご実家で育てられてるそうで、とても和やかな雰囲気に包まれています。ご入居者の方から、一同に「素敵!綺麗!」弾んだ声が聞かれました。

毎週リビングには定期的に季節の花を飾る花篭も、皆さん、楽しみになさっており、花を見ては、素敵な笑顔を見せて下さいます。

私自身も花は大好きで、少しですが、家で育てています。毎日の水やりで、花を眺めると、心穏やかになり、自然と笑顔になり元気をもらっています。

これからも、ご入居者が、心穏やかにいつも笑顔で過ごして頂けるよう、寄り添ったケアを中心に、日々の楽しみを届ければと思います。

ちなみに、赤い芍薬の花言葉は、「誠実」だそうです。

 

西館1丁目 介護職 芳田 峰子